公認会計士の試験に合格したとして、どのような仕事をすることになるのでしょうか。一般的に、公認会計士の正会員に登録された場合、監査法人に就職します。その資格とは、監査、及び会計に関わる専門家として、弁護士や医者と同等、会計系の国家資格では最高峰となります。業務内容については、企業の財務諸表における不正の有無のチェック、経営についてのアドバイスや税務業務等が主な仕事になります。場合によっては海外での仕事に就く公認会計士もいます。どこの企業も、財務状況を把握するには会計をしなければいけませんので、専門家として多くの公認会計士が活躍していることになります。

監査業務とは、公認会計士が企業から独立した立場から監査することで、財務諸表に不正や間違いがないかを確認する業務であり、これは公認会計士だけが行う業務となります。また、税務業務に関しては、税務書類の作成、代理税務申告等、税務業務一般を担います。これは税理士としての業務になりますが、公認会計士でも税理士登録ができる為に、行うことが可能になります。あるいは、企業の経営や会計に対してコンサルティング業務を行ったり、ベンチャー企業の上場についてサポートする公認会計士もいます。