公認会計士という名前は多くの方がご存知だと思いますが、実際どのように職に就くのか、どのような仕事内容なのか、はっきり言える方は少ないのではないでしょうか。これから仕事を探すにあたり、公認会計士という選択肢が増えることで、より幅が広がる可能性もありますので、知識として知っておくと良いかもしれません。

公認会計士という職業になるには、公認会計士試験に合格して、国家資格を取得する必要があります。つまり、国が認めた資格が必要になる職業であり、極めて難易度が高い試験を合格する必要があります。司法試験に次いで難関とも言われている試験です。受験資格において、年齢制限や学歴は関係なく、誰でも受けることができますが、試験を合格する為には、いくつかの関門を突破しなければなりません。試験には、マークシート形式の「短答式」、記述形式の「論文式」の二種類があり、まず短答式に合格してから、その後論文式の試験を受けることができるようになります。

具体的な流れですが、まず公認会計士試験「短答式試験」に合格し、その後「論文式試験」に合格したら、実務経験を2年間した後、補習所に最低1年通い、修了試験に合格して資格取得となります。この流れを見る限り、難関であるとされる意味が理解できるかと思います。公認会計士になるには約5年かかると言われていますが、それは上述になるような過程を踏む必要がある為です。では、より詳しい内容、流れについて説明します。